歯科衛生士の適性(向き・不向き)

歯科衛生士転職サイトTOP >> 歯科衛生士転職の基礎 >> 歯科衛生士の適性(向き・不向き)

歯科衛生士の適性(向き・不向き)

歯科衛生士に求められる適正ですが、第一に清潔に対する意識が高いことが挙げられます。医療機関に勤める人にはもれなく求められる適正ではありますが、歯科衛生士の場合は患者の口の中に手を入れる仕事ですし、治療に使う器具の洗浄も行うので、より高い清潔に対する意識が必要です。そのためには、まず、外見についても清潔感を与えられるように配慮しなければなりません。身だしなみがなっていないと歯科医院を訪れる患者に不安感を与えてしまいます。髪の毛やツメの先まで常に気を配れることが大切です。また、院内感染の防止の観点から、手先や医療器具の洗浄・殺菌、院内の清掃も徹底して行えるだけの衛生に対する緊張感も必要です。

また、歯科衛生士は子どもから高齢者まで幅広い層の患者と直接接する仕事です。歯医者が苦手なのは子どもだけではなく大人も同様ですし、特に初めて訪れた医院の場合、「痛くないだろうか」「歯を抜かれるのではないだろうか」と歯の治療に対する不安を持つ人も大勢います。そんな患者たちの不安を敏感に察して解消し、リラックスさせるのも歯科衛生士の仕事のひとつです。そのため、誰とでもコミュニケーションできる能力が必要になります。自分と世代が異なる初対面の人であっても、にこやかに接して安心感を与えられるような人が歯科衛生士に向いていると言えるでしょう。

コミュニケーション能力が必要なのは患者との間だけではありません。直接治療を行うのは歯科医師の仕事ですが、歯科医院は歯科医師ひとりでは成り立ちません。大勢の患者の歯の治療を円滑に進めるためには、歯科医師だけでなく、歯科助手、歯科衛生士、事務員の協力を欠かすことはできません。治療において、たくさんある治療器具の中からその時に必要なものをスムーズに歯科医に渡すのも歯科衛生士の大切な役目なので、歯科医師の求めに的確に反応できるように信頼関係を築く必要があります。また、同僚の歯科衛生士はじめ、歯科助手、事務員らとも協力して仕事を分担し、医院の運営を円滑に進めていくことが求められます。

歯科医師を除くと、歯科医院の職員のほとんどが女性であり、職員全員が女性というクリニックも珍しくありません。女性同士の関係性は難しい部分もありますが、何か言われたとしても動じないだけの平常心と相手のペースに合わせることができる協調性も、歯科衛生士の職場では必要になります。

専門の技術力も当然求められますが、技術面は経験を積んでいくうちに誰でも鍛えられるものです。それよりもまず、コミュニケーション能力と清潔に対する意識が備わっていることが歯科衛生士にふさわしい適正と言えるでしょう。

歯科衛生士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
ジョブメドレー 無料 全国 詳細



TOP

歯科衛生士転職の基礎

条件別の歯科衛生士求人

勤務先別の歯科衛生士求人

人気エリアの歯科衛生士求人


Copyright (C) 2014-2022 歯科衛生士転職サイトランキング All Rights Reserved.