歯科衛生士に多いクレーム

歯科衛生士転職サイトTOP >> 歯科衛生士転職の基礎 >> 歯科衛生士に多いクレーム

歯科衛生士に多いクレーム

歯科衛生士は多くの患者さんに感謝されるやりがいの大きい仕事ですが、中にはクレームが発生してしまうケースもあります。歯科衛生士が受けるクレームにはどんなものが多いかをあらかじめ知っておいて、実際に生じたときにどのような対応をすればよいかを考えておくと良いでしょう。

歯科衛生士が歯科で働いている時のクレームとして考えられるのは、クリーニングをする際の痛みや不快感です。歯石を取る際などは、先のとがった器具を使いますし、歯の奥や裏側のクリーニングをする時にはどうしても角度が厳しく、歯ぐきに器具が当たって患者さんに痛い思いをさせてしまうことがあります。歯科に限らず何らかの治療をする際にはこうしたちょっとした痛みが生じてしまうのはしょうがないことですし、ほとんどの患者さんは理解してくれてクレームを言うことはありません。しかし、中にはちょっとしたことでもクレームを言う患者さんもいますので、十分注意するようにしましょう。もちろん、大きな怪我を与えるということでなければ大きな問題に発展することはありませんが、クレームになりやすい患者さんの場合はより慎重にする必要があります。

また、歯科衛生士は歯科医の助手をするとともに、クリニックによっては患者さんへの説明やケアを実施的に歯科衛生士が行うこともあります。また、歯科衛生士は女性が多いため、患者さんも女性の方が気軽に話せるという思いがあって、いろいろなクレームや悩みをつい話してしまうものです。歯科クリニックに来る患者さんの多くは、何らかの不安や恐怖を持って来ますので、つい口調がきつくなってしまい、歯科衛生士がストレスに感じることもあります。治療が思ったより長引いてしまっているとか、治療したはずなのに歯が痛い、違和感がずっと取れないなどの不満を訴え、時には声を荒げてしまう方もいます。

さらに、人気のあるクリニックではどうしても患者さんの数が多く、診察まで待つことも多くなります。待つことに慣れていない患者さんなどは、治療を始める前に長時間待たされたことについてクレームを述べる人もいます。このように、歯科衛生士は患者さんの窓口ともなりますので、クレームを受けやすい立場でもあります。治療のスキルを身に着けるだけでなく、接遇のスキルを高めてこうしたクレームを上手に対処できるようにしていくことも、歯科衛生士としてとても大事だと言えるでしょう。また、ストレスをためないように仕事を続けていくことも重要です。

歯科衛生士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
ジョブメドレー 無料 全国 詳細



TOP

歯科衛生士転職の基礎

条件別の歯科衛生士求人

勤務先別の歯科衛生士求人

人気エリアの歯科衛生士求人


Copyright (C) 2014-2022 歯科衛生士転職サイトランキング All Rights Reserved.