歯科衛生士になるには

歯科衛生士転職サイトTOP >> 歯科衛生士転職の基礎 >> 歯科衛生士になるには

歯科衛生士になるには

歯科衛生士の仕事は歯科医の診療をサポートすることや、歯に関する保健の指導を患者さんにすること、歯周病などの予防についての処置をすることとなっています。それほどハードな業務ではありませんが、安定した収入があること、全国どこでも働き口があることなどのメリットがありますので、とても人気の高い職業となっています。しかし、歯科衛生士は誰でも簡単になれるわけではなく、国家試験にパスして資格を取得する必要がある専門職となります。

歯科衛生士の国家試験を受けるためには満たさなければならない条件があります。それは、文部科学大臣が定めている歯科衛生士の養成所または学校に通って卒業しなければならないということです。この学校としては短大や4年制の大学、専門学校などがあります。こうした学校を卒業して初めて歯科衛生士の国家試験の受験資格が得られますので、まずは自分の近くで受検資格を満たせる学校がないかどうかを調べることから始めましょう。短大や大学に行っても、専門学校に行っても、受験資格のレベルや取れる資格のレベルには関係しませんので、学業に充てられる期間や費用などを考慮して都合のよいところを選ぶようにしましょう。

指定の学校を卒業して国家試験にパスすると、めでたく歯科衛生士としてのスタートを切ることができます。しかし、実務的なことを学校で学ぶとはいえ、歯科の現場での経験がその後のスキルを大きく磨くものとなります。それで、自分のスキルを磨きためになる経験を積める就職先を選ぶことはとても重要です。歯科と一口に言っても、それぞれの病院で得意とする治療分野がありますし、専門的な診療に特化したところもあります。

たとえば、ホワイトニングを専門に行うクリニックや、審美歯科として見た目の良さを重視した歯科診療を行うところ、さらにはどんな治療であっても歯や口腔内に関係したものであれば行うところなどがあります。高齢者のケアのニーズが高まっている現代では、高齢者向けの口腔衛生ケアを重視する歯科も増えています。それぞれの分野で求められるスキルが異なりますので、自分が将来どんな道に進みたいかを考えた上で、適切なスキルを身に付けられる職場を探すようにしましょう。そうすることで、無駄な時間を過ごすことなく、歯科衛生士としてのスキルと実務経験を身に着けられるようになり、自分の能力を発揮しながら楽しく仕事をしていくことができるでしょう。

歯科衛生士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
ジョブメドレー 無料 全国 詳細



TOP

歯科衛生士転職の基礎

条件別の歯科衛生士求人

勤務先別の歯科衛生士求人

人気エリアの歯科衛生士求人


Copyright (C) 2014-2022 歯科衛生士転職サイトランキング All Rights Reserved.