歯科衛生士の人間関係

歯科衛生士転職サイトTOP >> 歯科衛生士転職の基礎 >> 歯科衛生士の人間関係

歯科衛生士の人間関係

歯科衛生士の離職理由のトップは人間関係です。歯科衛生士に限らず人間関係による悩みやストレスはどんな仕事にもともなうものですが、歯科衛生士がおもに勤務するのは小規模の歯科医院が圧倒的多数を占めています。そういった歯科医院では、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、事務員がひとりずつしかいない少人数のところもあり、多くてもスタッフの総数が10人以内のところがほとんどです。少人数の職場は信頼関係が深いととても居心地の良い職場ですが、お互いの相性が合わないと逃げ場がなくなり非常にストレスのかかる場所になってしまいます。

また、歯科医院では歯科医師を除くとスタッフのほとんどが女性です。女性医師の開業したクリニックでは、全員が女性スタッフというケースも珍しくありません。女性同士の複雑な関係性が苦手という女性もたくさんいるため、相性の合わない職場に就職してしまったために短期間で辞めていく人もいます。

それに、歯科衛生士には、出産を機に退職したのち子育てが一段落ついて復職したというブランクのある人も大勢います。そういう人が新しい職場で再スタートを切った時、自分より年齢は若いながらも経験のある先輩と一緒に仕事を進めなければならないことがよくあります。たとえこちらの方が歯科衛生士としての経験が長かったとしても、新しい職場ではその医院の独自のやり方を覚えるまでは戸惑うことが多いので、年下の先輩に非常に気を遣うという話もよく聞きます。

また、小規模の医院では、院長である歯科医師との関係が非常に深いです。資格を取ったばかりで初めて就職した職場なら、どんな医師も自分より年上でキャリアもあるということで尊敬の念を抱くことができますが、長く勤めているうちにその医師の性格がわかってきます。それで自分の価値観と合わないことがわかった時、どのような関係を築いていけるかが歯科衛生士のキャリアにおいて非常に大きな意味を持ちます。立場は違えどビジネスパートナーですから、お互いが建設的な意見をぶつけ合える関係を築けなければ、自分の仕事にやりがいを感じることもできません。

ネガティブなイメージが多くなりましたが、もちろんそればかりではありません。実際に歯科衛生士として経験を積んできた人たちの意見によると、一度信頼関係を築くことができればこれほど充実感にあふれた仕事はないという声が多いです。歯科衛生士として職場で活躍するには、技術よりもまずはコミュニケーション能力を身に付けることが大切になります。

歯科衛生士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
ジョブメドレー 無料 全国 詳細



TOP

歯科衛生士転職の基礎

条件別の歯科衛生士求人

勤務先別の歯科衛生士求人

人気エリアの歯科衛生士求人


Copyright (C) 2014-2022 歯科衛生士転職サイトランキング All Rights Reserved.