歯科衛生士の国家試験

歯科衛生士転職サイトTOP >> 歯科衛生士転職の基礎 >> 歯科衛生士の国家試験

歯科衛生士の国家試験

歯科衛生士になるためには、国家試験に受かる必要があります。国家資格がないとできない職種ですので、この仕事を目指している人はまず試験にパスすることを目標としましょう。国家試験の受験資格を得るためには、まず指定された教育を受ける必要があります。指定されたカリキュラムを行っている専門学校や短大、4年制の大学を卒業することで受検資格を得られます。全国の都道府県にこうした学校は存在しますが、県によっては1、2校しかないこともありますので、自分の住む地域ではどこに行ったら良いのかを調べましょう。

指定された学校を卒業したら歯科衛生士の国家試験を受ける資格が得られます。試験はマークシート方式で筆記試験のみです。実技試験はありませんので、しっかりと受験対策をしておけばそれほど難しくありません。実際に、合格率は例年90パーセント台後半となっていて、かなり高い水準となっています。特に専門学校では、試験対策のためにかなりの時間を費やし、過去問の分析による予想問題の練習などを多く行います。しっかりと勉強をすれば合格できますので、安心して試験に臨みましょう。試験は220点満点で132点以上取れば合格できることになっています。

歯科衛生士の国家試験は、通常一年に一回行われ、2月か3月が試験の日程となっています。この時期に合わせて、時間をかけて試験対策をするようにしましょう。過去問題集を購入して問題の傾向に慣れておくことが肝心です。もし、分からない問題があったとしても焦ることなく、落ち着いて考えて必ず答えを記入するようにしましょう。マークシート方式ですので、消去法で正答の可能性が高いものを残していけば当たる可能性もあります。

国家試験に受かると、指定された機関に歯科衛生士としての申請と登録を行えば、正式に歯科衛生士として働くことができるようになります。歯科衛生士として就職が決まっているのであれば、国家試験合格が採用の条件となっていることがほとんどで、合格ができないと採用を取り消されてしまうこともありますので、何としてでも合格できるように試験対策を勧めましょう。短大や4年制大学に通っている人向けの予備校や通信講座などが用意されていますので、合格を確実なものとするために、こうした付加的な講座を取るのも良いでしょう。資格がないとできない仕事ですので、国家試験に受かるということを最優先して準備を進めるようにしましょう。

歯科衛生士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
ジョブメドレー 無料 全国 詳細



TOP

歯科衛生士転職の基礎

条件別の歯科衛生士求人

勤務先別の歯科衛生士求人

人気エリアの歯科衛生士求人


Copyright (C) 2014-2022 歯科衛生士転職サイトランキング All Rights Reserved.