歯科衛生士の定年

歯科衛生士転職サイトTOP >> 歯科衛生士転職の基礎 >> 歯科衛生士の定年

歯科衛生士の定年

歯科衛生士の資格は一生涯有効ですので、資格を持っていればそのスキルを活かして働き続けることができます。また、歯科衛生士の業務はそれほど体力的に大きな負担がかかるものではないので、年齢を重ねても働き続けられるというメリットがあります。職場によってはある程度の定年が設けられていることがありますが、実質的には本人が希望するまで働けるというクリニックもあってかなり融通が利きます。

とはいえ、一般的には60代前半が定年となっていますので、それに倣ってクリニックなども歯科衛生士が辞めるように制度を設けていることもあります。総合病院はそれぞれの病院で規定を設けていますが、63歳か65歳が定年となっていることが多くなっています。ただし、体力的に仕事を続けられる状態でスキルと実績が十分にあるケースでは、非常勤という形で仕事ができることもあります。もし、スキルを活かして仕事を続けていきたいと考えているのであれば、こうした制度を利用するのも良いでしょう。給料などの待遇は下がってしまいますが、就業時間がよりフレキシブルになるなど楽な形で働けるようになることが多くなっています。

保健センターや教育機関で働く歯科衛生士の場合は、65歳などの定年がはっきりと決まっています。しかし、こうした職場で勤続してきた経験を持つ人は、関連機関もしくは関連する企業に非常勤で移れることもあります。アドバイザーや教育関連の業務を行うことができて、現場で学んだことを活かして若手の教育などに専念することができます。業務自体は楽ですし給料もそれなりの額が支給されることが多いので、無理なく仕事を続けることができるでしょう。

このように、歯科衛生士はある程度定年制度があるとはいえ、本人の気持ち次第で仕事を続けられるケースが多く見られます。もちろん、現役の時のような給料を得ることは難しくなりますが、今まで培ってきた能力と経験を活かして仕事を楽しむことができます。50代での転職を考えているのであれば、定年が長いところを選んだり、定年後でも何らかの形で仕事を続けられるような勤務先を探すことができます。募集情報にはこうした詳細もきちんと記載されていますし、転職エージェントに依頼すればより細かい内容を調べてくれます。歯科衛生士の仕事はやりがいが大きいですし、長く続けられる仕事でもありますので、後々のことも考えてじっくりと転職先を探すように努力しましょう。

歯科衛生士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
ジョブメドレー 無料 全国 詳細



TOP

歯科衛生士転職の基礎

条件別の歯科衛生士求人

勤務先別の歯科衛生士求人

人気エリアの歯科衛生士求人


Copyright (C) 2014-2022 歯科衛生士転職サイトランキング All Rights Reserved.