歯科衛生士の勤務時間

歯科衛生士転職サイトTOP >> 歯科衛生士転職の基礎 >> 歯科衛生士の勤務時間

歯科衛生士の勤務時間

歯科衛生士の勤務時間は勤務先によってさまざまです。歯科衛生士が働く場所は歯科医院だけでなく、総合病院の口腔外科、保健所などの行政機関、介護老人保健施設、美容整形外科などがあるほか、経験のある人なら歯科衛生士の専門学校で指導員として働くこともできます。そのため、勤務時間も一律ではなく、勤務先の業務形態や経営方針によっても大きく左右されます。

保健所などで公務員として勤める場合は、他の行政機関と同様、午前9時から午後5時までの勤務時間となることもありますが、ほとんどの歯科医院では、フルタイムで勤める場合は、それより早くから夜遅くまで拘束されることが多い傾向にあります。シフト制で勤める場合は、診療開始から夕方までとか午後からラストまでのように、勤務先と歯科衛生士の事情に応じて日々変化するのが一般的です。

歯科医院に勤める場合、各歯科医院の診療時間に従って働くことになります。朝に診療を開始して夕方まで行うという歯科医院が多いですが、日中働いているサラリーマンに患者のターゲットを絞っているような歯科医院では、午後8〜9時まで開業しているところもあるので、歯科衛生士の勤務時間も必然的にそれに合わせた時間となります。ただし、診療時間の関係上、昼休みは他の職種よりはるかに長いので、朝早くから夜遅くまで働きづめというわけではありません。その代わり拘束時間が長い職場が多いです。

歯科医院は診療時間が決まっているものの、診療時間以外にも歯科衛生士の仕事はいろいろとあります。診療開始前には診療器具の準備などがありますし、患者さんが帰ったあとはカルテの整理や清掃、翌日の準備などを行うことが普通です。公的な残業が長期間続くことはありませんが、その日の患者さんの状況によっては診療時間後も遅くまで働かなければならないケースも多いです。

医療施設ですから患者さんが診療時間に数分遅れて来たとしても、診療を断るようなことは応召の義務に反することなので基本的にはありません。そんなこともあり、歯科衛生士の勤務時間に対して曖昧になっている歯科医院も確かに存在します。勤務時間を曖昧にしたくない場合は、就業前に労働契約書をよく確認しておきましょう。また、勤務ではありませんが、まだ経験の浅いうちは休日にも職場で勉強されている歯科衛生士の方は数多くいます。

以上のように、歯科衛生士といっても勤務先によって勤務時間に大きな幅があります。休日は基本的にはしっかり取ることができますが、勤務先の休診日によっては休日が飛び飛びになることもあります。

歯科衛生士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
ジョブメドレー 無料 全国 詳細



TOP

歯科衛生士転職の基礎

条件別の歯科衛生士求人

勤務先別の歯科衛生士求人

人気エリアの歯科衛生士求人


Copyright (C) 2014-2022 歯科衛生士転職サイトランキング All Rights Reserved.