アルバイトの歯科衛生士求人

歯科衛生士転職サイトTOP >> 条件別 >> アルバイトの歯科衛生士求人

アルバイトの歯科衛生士求人

歯科衛生士の求人件数は他の職種と比べて圧倒的に多いと言えます。歯科医院の数は全国に約7万件もあり、そのすべてに歯科衛生士が必要であるほか、一般病院の口腔外科や介護老人保健施設、一般企業の歯科衛生室、在宅医療サービス、保健所などの行政機関などでも歯科衛生士は必要とされているので、選り好みしなければどこかに就職することは可能です。実際、歯科衛生士の専門学校の卒業生の就職率が100%近いというデータもあります。

アルバイトであっても求人数が多いことには変わりありません。行政機関などフルタイムの歯科衛生士を求めているようなところに、アルバイトとして就職することは難しいかもしれませんが、多くの歯科医院がパート・アルバイトの求人を行っています。正社員志望であってもはじめは非正規雇用からスタートする勤務先も多いので、歯科衛生士の求人数はアルバイトが一番多いとも言えます。求人の探し方も難しいことはなく、ハローワークや一般就職情報誌、インターネットの求人サイト、転職エージェンシーなど多くの媒体で歯科衛生士の募集を見つけることができます。勤務先にどこを選べばいいかわからない、院長と相性が合うか不安だという人は、派遣会社に登録してみるのもいい方法です。

歯科衛生士のなかには、新卒で就職したのち、結婚・出産を機に退職し、育児が一段落ついてからふたたび歯科衛生士として働いているという女性がたくさんいます。正社員に比べればアルバイトの収入は劣りますが、勤務日や勤務時間の融通が比較的自由に効くので、子育てをしながら家庭と両立させるためにアルバイトとして働いている歯科衛生士の数は多いですし、勤務先の方もそういう女性を受け入れる体制が整っています。つまり、歯科衛生士という仕事は、ブランクがあっても復職しやすく、パートで接客や一般事務として働くよりも短時間の勤務で高い収入が得られることが多いです。

歯科衛生士は国家資格であり、一度取得すれば生涯有効な資格です。今後我が国では高齢者人口がますます増え続け、口腔ケアの必要性もますます高まることが予想されます。そんな時に活躍するのが歯科衛生士であり、高齢者に対する保健指導・生活指導や在宅医療の現場での需要も高まっていくでしょう。つまり、それだけ働ける場所が増えると考えられるので、たとえ何年もブランクがある人であっても、アルバイトとしてでも歯科衛生士として働き始める方が、自分のキャリアアップには有利になるでしょう。

歯科衛生士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
ジョブメドレー 無料 全国 詳細



TOP

歯科衛生士転職の基礎

条件別の歯科衛生士求人

勤務先別の歯科衛生士求人

人気エリアの歯科衛生士求人


Copyright (C) 2014-2022 歯科衛生士転職サイトランキング All Rights Reserved.